事業実績

コンテンツ活用型地域振興事業 映像制作者向けシンポジウム

「ものづくり映像見本市」

 全国でものづくりに取り組んでいる事業者とテレビ映像制作を基本業務としている映像制作会社は、それぞれ海外との価格競争や、既存メディアの経営環境の変化により新たな局面を迎えています。既存メディア以外の高速ネット回線、モバイル機器、デジタルサイネージの一般化という環境は、むしろ、ものづくり事業者、映像制作事業者双方にとって好機であると言えます。

 本シンポジウムは、前述のような新たなメディアが形成されることを睨んで、ものづくり産業と映像制作事業社が商品開発の段階からプロモーションの戦略を考え、全国または全世界への発信を行っていく新しい映像広告手法について提案を行います。今回は、具体的な製品のプロモーションを目的として制作した3本の映像コンテンツを中心に当事者であるものづくり企業の方と映像制作事業者の方を壇上にお迎えし、新たなメディアを対象とした映像制作手法と広告手法についてお話しいただきます。

概要

【日 時】2008年10月29日(水)16:00〜17:30 (90分)
【会 場】北日本新聞ホール (〒930-0094 富山県富山市安住町2-14)[ホームページ]
【参加費】無料
【シンポジウム概要】
開会挨拶

経済産業省商務情報政策局メディアコンテンツ課 課長 村上敬亮

主催者挨拶

株式会社ピュアジャパンコンテンツ 代表取締役 近藤耕司

モデルコンテンツプレゼンテーション
  1. 株式会社名古屋テレビ映像「魔法の撚糸」に賭ける -繊維産業の逆襲-
  2. 広島放送株式会社「ご当地ビューティー【広島版】」
  3. 有限会社デービー企画「ご当地ビューティー【秋田版】」
  4. 株式会社山陰ビデオシステム「未来のがん治療を変える「高分子もずくフコイダン」」
  5. ラックプロ株式会社「安心と信頼が詰まった小さな箱-富山で300年の歴史をもつ"配置薬"-」
  6. 株式会社北陸チューリップ「伝統技術が世界に輝きを放つとき」
  7. 富山テレビ事業株式会社「走れ!手づくり電気ミニカー」
閉会
【対象者】
  • 新たな広告宣伝手法を検討している広告主の方
  • 広告宣伝関連事業に携わっている方
  • 映像制作関連事業者の方
【定 員】150名程度
【主 催】経済産業省  ウェブサイト
【企 画】株式会社ピュアジャパンコンテンツ  ウェブサイト
【事務局】株式会社QPR

参加のお申し込み手順

終了いたしました。シンポジウムへの多数のご参加ありがとうございました。

 

 プロジェクト

環境教育素材集

 

地域プロデューサーカリキュラム

 

アニメーション業界ガイドブック

 

 

 最新情報

 

© 2007-2018 QPR Co.,Ltd All Rights Reserved.